モリのアクティビティ

\ みず、ふうけい、ねがいを訪ねる /
越沢棚田トレッキング

\ みず、ふうけい、ねがいを訪ねる /越沢棚田トレッキング

温海地域は89%が森林面積という、お米を作るのには過酷な場所。
そんななか、越沢(こえさわ)地区では、お米づくりが盛んに行われてきました。

ムラの裏手にある山。

様々な雑木が生い茂るその森に、やまがたの棚田20選にも選ばれた、美しい越沢棚田が広がっています。

そんな場所を、ゆっくりトレッキングをしてみるのはいかがでしょうか。

そもそも、お米を作るのに過酷な場所で、なぜ開墾されたのでしょうか?

理由は2つあります。

一つは戦後の食糧事情。

昭和20年の農業は夏の冷害、秋の水害、肥料不足といった悪条件が重なって大凶作になり、都市部では飢餓死するほどでした。

当時の越沢地区は人口が800人ほどおり(現在は300人未満)、食料がひどく不足していました。
そこで、食糧難を打破するために、森を切り拓き、お米をつくる必要があったのです。

しかしながら、当時は機械化されておらず、困難を極めました。
それでも、有志が集まり開拓組合を発足。
ムラ人総出で、つるはしとスコップを持ち、開拓を成し遂げました。

そして、もう一つは豊かな水。

この場所の近くには、名峰 摩耶山がもらす、沢水(さわみず)と湧水(わきみず)があり、稲作に欠くことのできない水が豊富にあったのです。

棚田の中腹にある、里の名水・やまがた百選に選ばれた郷清水(ごうしみず)はまさに郷(さと)の水。

枯れることなく湧き出るその水は、この地を潤してきました。

美しい原風景の裏側にある壮絶な開拓の歴史。

みず、ふうけい、そして当時の人々の「豊かになりたい」という願いに、想いを馳せながらトレッキングするのは、いつもと一味違ったものになるのかも知れません。

※近年、確認された在来作物「越沢三角そば」もこの棚田で多く作られています。(写真は越沢三角そばの花)

アクティビティ概要

アクティビティ名越沢棚田トレッキング
エリア越沢(こえさわ)
内 容
(流 れ)
①越沢棚田開墾について 10分
②トレッキング(行き) 50分
③郷清水で休憩 20分
④あづまやで休憩 20分
⑤トレッキング(帰り) 50分
ウリ
こだわり
①やまがたの棚田20選の一つである越沢棚田をトレッキングします。
②摩耶山から湧き出る「郷清水」のおいしいお水を楽しむことができます。
③棚田の開拓の歴史を学ぶことができます。
学べること越沢棚田開墾の歴史について
通常料金10名まで 4,000円(税込)
20名まで 8,000円(税込)
対象年齢小学3年生以上
最小予約人数1名様
最大予約人数50名様
所要時間150分
開始時間10:00、13:00、15:00(最終)
※その他の時間を希望の方はご相談ください。
実施可能期間4月~11月
料金に含まれるもの体験料、傷害保険
雨天時の対応小雨決行
実施可能曜日全日
定休日不定休
予約期限開始日の5日前まで
キャンセル料前日50%、当日100%
持ち物飲み物、タオル
服 装動きやすい服装(温度調整できるように重ね着できるような衣類)、長そで長ズボン(虫等への対策のため)、帽子、雨具(傘ではなく、雨をはじくアウター)
特記条件①小学校3年生未満は、移動距離等含め安全面を考慮しご遠慮していただきます。
②開始時間に遅れますと体験ができない場合がございますので、予めご了承ください。
集合場所越沢公民館
住 所〒999-7314
山形県鶴岡市越沢甲45
アクセス①山形自動車道「鶴岡IC」から国道345号経由車で約40分
②日本海東北自動車道「あつみ温泉IC」より車で約30分
③JRあつみ温泉駅からバスで約35分
④あつみ温泉から車で約25分

協力団体

協力団体名越沢自治会

設備情報

化粧室男女別トイレ有
駐車場約25台
その他水場(調理室)あり

お気軽にお問い合わせ下さい

ご予約はこちらで承ります

Return Top